◆メディア出演情報
・中京テレビ/東海テレビ/CBCテレビ/テレビ愛知 「野球中継」解説
・中京テレビ 「スポーツスタジアム☆魂」
・東海テレビ 「ドラ HOT+」
・CBC テレビ「サンデードラゴンズ」
・テレビ愛知「5時スタ」
・サンテレビ 「野球中継」
・フジテレビ 「みんなの KEIBA」
・BSフジ「BSスーパーKEIBA」
東海ラジオ 「ドラゴンズステーション」
東海ラジオ/CBCラジオ「野球中継」解説
中日スポーツ 評論家

◆広告
・名古屋市交通局(2022年〜)
・アーレックス株式会社(2007年、2018年)
・株式会社名古屋三越「ラシック」(2018年)

岩瀬仁紀

スホーツコメンテーター
野球解説者

見積もり・お問い合わせ

  • メーカー・製造業・建設業
  • サービス業・保険業・業界団体
  • 銀行・信用金庫・信用組合
  • 商工会・商工会議所・法人会・経済団体
  • 県市町村・公共団体
  • 労働組合・従業員組合
  • 人生・生き方・健康
  • スポーツ・オリ・パラ
  • メンタル・コミュニケーション
  • 総会・賀詞交歓会
  • 周年事業・会館自主事業
  • 地元講師(愛知・岐阜・三重・静岡)

主な講演テーマ

「鉄腕・岩瀬流セルフマネジメント」
「名将から学んだこと」〜星野監督や落合監督の教え〜

前人未到の1,000試合登板、歴代最多の407セーブを達成した鉄腕
地元、西尾東高校から愛知大学へ進学。愛知大学リーグでは1年春から外野手でレギュラー出場。打者として歴代2位の通算124安打を放ち、外野手としてベストナイン4度受賞する一方、3年秋のリーグ から外野手と兼任で投手としても登板するが、3年時に外野手として日本代表に選出されるなど、当時は打者として注目されていた。大学の卒業後は社会人野球のNTT東海に入社。1998年のドラフト会議 で中日ドラゴンズを逆指名し2位で入団。 入団1年目の1999年シーズン途中から勝ちパターンの一角を担い、最優秀中継ぎ投手賞を受賞。その 後も中継ぎで起用され、2004年からは抑えとして5年ぶりの優勝に貢献。8月に行われたアテネオリン ピック野球日本代表にも選出された。 2007年の北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズの第5戦において、8回まで完全試合ペースの好投をしていた山井大介に代わり9回に登板。三者凡退に抑え てNPB史上初の継投による完全試合を達成し、胴上げ投手となった。 2008年には北京オリンピック野球日本代表として出場。2012年にはセ・リーグ 史上最多の5度目、ま た最年長記録となる最多セーブのタイトルを獲得した。2017年からは球界最年長選手となり、山本昌 が保持していたセ・リーグの最年長セーブ記録を42歳7ヶ月に更新したほか、6月には史上最長ブラン クとなる12年ぶりの月間MVPに輝くなど、4年ぶりに50試合に登板し、見事カムバック賞を受賞。 2018年シーズンには9月28日の対阪神戦でNPB初の1000試合登板を達成した。10月2日に記者会見を 開き現役引退を発表。10月13日最終戦の阪神戦で長い現役生活を終えた。 2019年からはドラゴンズ戦を中心に野球解説者として活動中。

生年月日:1974年11月10日生まれ
出身地:愛知県西尾市出身
経歴:県立西尾東高校〜愛知大学〜NTT東海〜中日ドラゴンズ(1999年~2018年)※1998年ドラフト2位
通算成績:1,002試合 59勝51敗407セーブ82ホールド 防御率2.31
タイトル:最多セーブ(5回)、最優秀中継ぎ投手(3回)、月刊MVP(2回)
表彰:カムバック賞、コミッショナー特別表彰(2回)、セ・リーグ連盟特別表彰(1回)
代表歴:オリンピック日本代表(2004年アテネ五輪、2008年北京五輪)

講師一覧へ戻る

CONTACTお問い合わせ

株式会社ゴエンズ

058-268-6870

058-268-6871

↑