■主な競技歴
1989年アジア選手権大会準優勝、ワールドカップ 6位
1991年アジア選手権大会優勝、ワールドカップ 4位
1992年バルセロナオリンピック 6位

◎受賞歴
日本リーグ新人賞 1987年
日本リーグベスト6 1988~1992年 ※5年連続受賞
日本リーグブロック賞 1990、1993年
日本リーグスパイク賞 1991、1992、1994年
Vリーグ栄誉賞 2007年

■監督歴
1999~2002年新日鐵(現・堺ブレイザーズ)
2003~2004年ジュニア男子日本代表
2005~2013年全日本男子代表 ※2004年に暫定監督就任

◎全日本代表監督での主な戦績
2005年 アジア選手権 優勝
2006年 世界選手権 ベスト8
2007年 アジア選手権 準優勝、ワールドカップ9位
2008年 北京オリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選2位(出場権獲得)
北京オリンピック ※16年ぶりのオリンピック出場
2009年 世界選手権アジア予選 1位
アジア選手権 優勝
ワールドグランドチャンピオンズカップ 3位(銅メダル)
※全日本男子の国際大会では32年ぶりのメダル獲得
2010年 アジア競技大会 優勝 ※16年ぶりの金メダル獲得

植田辰哉

元男子バレーボール日本代表監督
日本バレーボール協会シニアディレクター(強化委員長)
大阪商業大学教授

  • 企業
  • 自治体・公共団体
  • 商工会・商工会議所・業界団体
  • 金融機関・JA
  • 労働組合・従業員組合
  • 学校・PTA
  • 人生
  • 文化・芸能
  • スポーツ・健康
  • 注目・話題講師

主な講演テーマ

「私の歩んだ道」
「最高のパフォーマンスを発揮する組織マネジメント」
「自分で限界を決めるな  夢は必ずかなう」
「植田流 リーダーシップ論」~チームを北京五輪出場に導いて~

大学卒業後、新日本製鐵(現、堺ブレイザーズ)に入社。日本リーグ(現、Vリーグ)ではセンタープレイヤーとして、新人賞、ベスト6(5年連続)、ブロック賞、スパイク賞など数々のタイトルを獲得。日本代表としても活躍し、1992年のバルセロナオリンピックには主将として出場。6位入賞に大きく貢献した。
現役引退後は、新日鐵、日本代表ジュニアチームの監督を歴任し、2005年に日本代表監督に就任。オリンピック出場を果たすため、非常に厳しい指導を続け、低迷を続けていた日本代表をフィジカル面、メンタル面ともに鍛え上げ、戦う集団へと変えていった。
2008年、北京オリンピック世界最終予選を見事に突破。自身が出場したバルセロナ以来、16年ぶりに日本代表をオリンピック出場を勝ち取った。出場権を獲得した瞬間には、コートに倒れこみ、男泣きした姿は日本中に大きな感動を与えた。
熱血指導の一方では、目標を達成するための緻密な計画も立てるなど、卓越した組織マネジメント力を持ち、企業からの講演依頼も多数寄せられる。
現在は、日本バレーボール協会発掘育成委員会委員、大阪商業大学教授。

 

講師一覧へ戻る

CONTACTお問い合わせ

株式会社ゴエンズ

058-268-6870

058-268-6871

↑